人気ブログランキング |
タグ:Easy Rider ( 1 ) タグの人気記事
1/4 Elephant
また映画ブログに戻ります。

このお正月休みに観ようと借りたDVD3つ、
Easy Rider、Taxi Driver、Elephant
どれも中身のある深い話やったんやけど、どれも最後は銃殺とゆう
なんとも夜中ひとりで観るにはあんまりなものばっかりでした。 orz
見終わった後の寝付きは悪く、翌朝の寝起きももちろん悪い。。。
もうちょっとTPOを考えて選べば良かったと後悔です。

タクシードライバー
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント





映画の終わり方はそれとして、話はどれも良かったんです。
Taxi Driverは、70年代のニューヨークを舞台とした社会派映画。
タクシーの窓越しに見る不浄な都市をどうにか変えようと
身勝手に、恐れを抱くことなく正面からぶつかっていく主人公トラビス。
誰にでもある正直で且つ自閉的な部分を絶妙に表現されてる映画だと思います。
でも別のいい方をするとテロリストを描いた映画とも言えるのでは?
何が正義で何が悪で、、、、、
とにかく社会っていい加減に成り立っているんだなあと
再確認させてくれる作品です。


エレファント
/ ジェネオン エンタテインメント





つづいてElephant
コロンバイン高校銃乱射事件をテーマとした、ひとつの映画というより、
ひとつの惨劇を通して、ティーンエイジャーの抱える様々な答えの出ない問題を
考えるきっかけをくれる"映像"という感じがした。
見ていてすごく、心に大きな穴が空くと同時に、背筋が凍るような作品です。
どこにでもある普通の高校の普通の日の、ある1時間程度が描かれていて
誰に焦点を当てる訳でもなく、ただストーリーが展開していく。
淡々としてなんの仕掛けもなくて、感情移入を促すところもない一方で、
考えるという機会を与えてくれる、大きくて繊細で恐怖感あふれる作品。
何が怖いって、日常の延長線上にこのような事件が起こるといゆう現実。

思春期が抱える問題は繊細すぎて、大人には理解してもらえないし
自分でどうにかすることも出来ないとゆう絶望的なメッセージ...?

このElephantってゆうタイトルは、
アイルランドの民族対立を描いた同名の映画からきていて、
特定の人物に焦点を当てることなく対立を描き、強い問題提起を投げかけるという
同じアプローチがあったことから同じタイトルになったそうです。
それとwikiによると、Elephantには他にもいろいろな解釈の仕方があって
"Elephant in the room"と言う慣用句(誰もが知っているのにわざと避ける)
に基づいていたり、「群盲象を評す」と言う諺(論ずる対象が同じであっても、
その印象も評価も人それぞれに異なる)に基づいていたりもするのだとか。
by afonon | 2008-01-05 02:50 | movie