8/21 片付けしてたら出てきたモノ
ふいに見つけた恩師の言葉。高校卒業の時にいただいたものです。

何が正しい事なのか、何が立派な事なのか、あいまいになってしまった現在において、自分の生き方を示すことはたいへん難しいと思います。「○○○であるべきだ」とか、「人は○○○のように生きるべきだ」とか、人間が勝手に作った過去の価値観は、次々とくつがえされてきた事を知ってるし、だから現在、絶対正しい、と信じられている正義や価値観も、将来、ひっくり返るかもしれないという事を忘れてはいけません。「絶対的な正義や価値観なんて無い」という前提にたてば、結局、人が社会の中で生きて行くためには現在の、つまりその時代の、正義や価値観を基準として、受け入れるしかないのだ、とゆう、すこぶる常識的な結論に到着しちゃうんじゃないかと思う。
[PR]
by afonon | 2006-08-21 19:51 | carpe diem
<< 8/22 お宝画像 8/19 花屋さんになりました。 >>