10/15 quebec sity2
ケベックシティは北米最古の街です。入植時代から続くフランス文化の街で、フランス語が公用語として使われてるのはもちろん、食文化やファッションなど、全てにおいてパリと何ら変わりがない。プラッツから6時間程度で行けるってのもかなりの魅力です。
市内には城壁が残されてて、その城壁内を旧市街地と呼びます。そこには北米でもっとも長い歴史をもつノートルダム聖堂をはじめ、昔のケベック神学校、アブラハム高原などがあって、最近歴史に興味の出てきた私はアメリカ史の授業で出てきた場所にやや興奮してました…。ちなみにケベックシティの歴史は、1534年にフランス人のジャックカルチェによって発展の基礎が築かれ、その後1608年にフランスの探検家サミュエル・ド・シャンプレンが居を構える(やから彼の銅像が高台にでーんと建ってる)。17世紀半ばからは英仏間の植民地戦争が続いて、最終的に7年戦争でイギリスが勝った事でイギリスの植民地になりました。でもフランス系の入植者がそのまま残ったことで今でもフランスの文化が続いてる、とゆうわけです。

セントローレンス川(に浮かぶフェリー)からの眺め
c0049583_1114096.jpg

ノートルダム聖堂
この石造りの建物は1922年以降の建築やけど、もともとの創設は1647年。たまたま訪れた時に何かのセレブレーションがあって(フランス語で書いてあったから読めへんかった)、美しい歌声が聴けました♪
c0049583_1441310.jpg

アブラハム高原
ここはその7年戦争の終わりになった戦いの場所。もっとも血を多く流した戦いやったそうな…。そして今は戦場公園と呼ばれています。
c0049583_1356927.jpg

[PR]
by afonon | 2005-10-16 00:32 | trip
<< 10/15 quebec ci... 10/14 cuz of b... >>