8/25 残暑おみまい(犬島便り)
もう8月も残り1週間をきってしまい、
世の中の小学生たちは宿題の片づけに四苦八苦しているんかなぁ。。
いまどきの子供たちはどうしてるんやろう。

さて私の夏休みはというと、週末+1日を使って瀬戸内に行ってきましたよ。
犬島という、岡山県の本土からフェリーで10分ぐらいの小さい島で
瀬戸内アートと静かな時間を楽しんできました。

これが島の船着き場。
左側に小さく「犬島」ってグラフィティがあるけど見えるかしら。
c0049583_15504227.jpg


1909年に建設された銅精錬所の遺構を保存・再生した美術館。
10年しか精錬所として操業しなかったものの、
日本の産業発展に貢献した遺構と評価され「近代化産業遺産群 33」にも認定されているそう。

太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した建築になっていて、
日差しが厳しい環境でも、中が涼しかったのは、かなり実感できました。
c0049583_15522461.jpg



野外展示の家プロジェクトでは、私の好きな建築家である妹島和世さんが加わっていたこともあり
島の至る所で彼女の椅子を見る事ができます。
このうさぎチェアを溺愛している私としては、うれしい限りでございました。
c0049583_16145521.jpg


この椅子に関しては今回初めて見たけど、また見た目がなんとも言えず、、
座ってみたらすわり心地がいいのなんのって、
この椅子の正面にアートがあるんやけど(本当はそっちをアップすべき)
私にとってはこっちのシーンが心に残っています。この椅子サイコウ。
c0049583_1615070.jpg



あとは、写真NGのところで、夢の中のような、心が洗われるような、素敵な作品がありました。
「I邸」という作品で、明るく優しい光が、時が止まっているような、ゆっくり呼吸しているような、
自分がアートの枠の中に入ってしまえるコンセプトの、そんな穏やかな作品でした。


直島の家プロジェクトに行ってからちょうど10年ぐらい経つんやけど、
またジェームズ・タレルの「Backside of the Moon」に行きたい!
[PR]
by afonon | 2013-08-25 15:51 | trip
<< 8/31 バルセロナと南スペ... 5/12 世界トライアスロンシ... >>