10/7 London report
10月になりました。
今年の一大イベントだった8月あたまのロンドンの記事を
下書きしたまま2ヶ月も放置した自分がいやになります、ほんとうに。

こういう時、ブログって何やろうとか、facebookで何がしたいんとか、
しまいにはLikeボタンってなんであるんや、なんて
本来考え込まなくて良いことまで考えてしまいます。
そこから生まれる私の答えはいつも一緒で、
無理に自分を表現しようとするのであればやらない。
その繰り返しをしていると、10月になりました。夏も終わってしまいました。

どうでもいいけど、たまに思い出すものがあります。
プラッツバーグのダウンタウンのレストランにあったメニュー、「プラッツバーガー」。
普通のバーガーなんやけど、こういう小さなギャグが、人々の生活を豊かにするのです。
少なくとも、プラッツから離れて5年半も経つ私でも
これをたまに思い出し、何て訳はないけど、フフッと気を緩めてしまう。


さて、本題へ。
パリとロンドンで合計5泊6日の旅、そのうち2泊3日のロンドンで見たもの。

全体的にはロンドンはオリンピックをメインで行ってるので、観光はサブでした。
ついでに見れるものは見た、という感じなので
実は近くまで来ていたバッキンガム宮殿も行かず、、
ただもったいないというか、贅沢な時間を過ごすことができました。

ロンドンに着き、ホテルで友達(とっきー、高校陸上部で一緒)と落ち合い、
まずは翌日に迫ったトライアスロンの決戦の地であるハイドパークへ。

ちなみにホテルは7月にオープンしたばっかりのデザインホテル。
インテリア好きにはたまらない、超クールな空間でした。
次にロンドンに行く機会があれば勿論ここに泊まる! CitizenM Bankside
c0049583_2304925.jpg
c0049583_23614100.jpg



c0049583_2137641.jpg
ハイドパーク散策中に見つけたパブリックビューイング会場で
イギリス対日本(杉本さん)の柔道女子78キロ級の準決勝を観戦。
(日本が勝って決勝に進むんやけど、まわりはイギリス応援ばっかりやから超アウェー。。。)


c0049583_21384566.jpg
ピーターパンの像でございます。
ハイドパークのサーペンタインレイクといえばトライアスロンのスイムで使われた貯水池やけど、
それとは別に、ピーターパンの原作の舞台でもあります!
原作ではピーターパンは少年ではなく赤ん坊で、ウェンディではなくメイミさんという女の子がでてきます。
家に帰れなくなった赤ん坊がサーペンタイン池にあるネバーランドで妖精や鳥と過ごすというお話。

ディズニーのピーターパンを初めて観た時から、
寝る時には部屋の窓の鍵は開けておくという程のピーターパンフリークなのです。
あこがれのピーターパンゆかりの地に行くことが出来て
オリンピックとピーターパン、両方の夢が同時に叶いました。


c0049583_21404790.jpg
ハイドパークを散策中に見つけたサーペンタインギャラリーで
オノヨーコの展示「SMILE」がやっていたので、それに参加し、アートの一部になる。


ロンドンといえばの、お決まりのやつ!!
c0049583_2152337.jpg
c0049583_21461355.jpg
c0049583_21464698.jpg
ロンドンで見たい!乗りたい!2階建てバス!!と思っていたけど
最初にロンドンの駅に着いてホテルに向かうバスも赤い2階建て、というか街中を走るバスは
全てこれだと分かり、何を期待していたのか、なんと言うか、、そうだったのか。。
NYCのイエローキャブみたいなもんなのね。
そうと分かれば移動手段として使いまくるしかない。
観光路線と呼ばれる旧型車の9番ラインに乗りこみ、2階に座ってのんびりラクチン市内めぐり。


c0049583_21574870.jpg
眺め抜群とレビューのあった、テートモダンのレストラン
構図が相当ひどいけど、雰囲気は伝わってるはず。。
カップルの大事な時間を邪魔するまいと後ろを通るフリして撮ったらこんな結果になってしまった。

ミレミアムブリッジが青く輝く夜景もまたキレイでした。こんな感じ。
c0049583_224156.jpg
ちなみに、夜景を楽しむなら食事を楽しむテーブル席よりも
バーのほうがオススメです。誰向けか分からへんけど。
テーブル席は、フロアの構造上よく音が響き、食事や雰囲気がノイズでかき消されてしまうので
ロマンチックが欲しいカップルにはあまりオススメでないかも、と。

一夜明け、いよいよ決戦の日!

c0049583_22121490.jpg
藍ちゃんのロンドンの舞台、いよいよ始まる!
応援コスチュームは控えめで日の丸Tシャツと日の丸手旗での応援になりました。
高校の友達が出ていてね、と言うと周りの人たちも一緒に応援してくれるんです。

北京の時は、イメージ的に、スポーツの祭典というよりも中国が主催するもの
っていう色が強く出てたけど、今回のは、もっと、
世界中の各地域の代表が競い合うスポーツの祭典、って感じが強くて
ある種のお祭り感覚で楽しめました。特にチケットなしでも応援ができる
トライアスロンやったから余計にやろうか、とにかく盛り上がってました。

肝心のレース中の写真は、、私のカメラには良いものがないので、
勝手にですが、あかり先生の写真をお借りすることにします。
c0049583_22325131.jpg
藍ちゃんかっこいい〜!!
私のカメラでも何枚かは撮ってたんやけど、
近づいたところは応援エールを送りたいからと、ちょっと早めにシャッターを押すと
ちょっと遠かったり、ぶれていたり、あとはジョーゼンセン(アメリカの長身選手)にすっぽり隠れてしまって
足しか映ってなかったり、という散々な結果になってました。
まぁ応援しに行った訳やからね、写真が残ってなくてもいいのです(と、言い訳)。

c0049583_22425278.jpg
レース後の藍ちゃんと、藍ちゃん応援団で一緒に。

そしてレース後はビッグベンやタワーブリッジ、オリンピックスタジアムなどを観て回ることに。。
あこがれのビッグベン!
c0049583_22451634.jpg
地上に出てしまってるけど、地下鉄のTUBE。
c0049583_22505519.jpg
バスやタクシーがチョロQのようにかわいければ、地下鉄だって可愛さは負けていない。
別に昔からイギリス国民が背が低いわけではないのに、そのドアの形が気になるというか、もうトンネルの形を広げることは出来ひんから、この先もずっとチューブに沿ったこの形なんでしょう。
[PR]
by afonon | 2012-10-07 23:34 | trip
<< 10/7 London re... 8/25 Paris!! >>