7/4 ロングビーチの独立記念日の様子
今はロングビーチに住んでいます。
c0049583_06132337.jpg


最初こっちにくる時に、ロングビーチは安いけど治安が良くないからNGといろんな人に
こっちのローカルの人にも言われたけど、
ロングビーチの端っこにベルモントショアという閑静な住宅街が広がるエリアがあって
そこで運良くアパートが見つかりました。
家賃はそこそこ安すぎず高すぎず、値段の割には中は広く、静かで、大家さんもやさしい。
周りにはお大きい一戸建てが並んでいたり、湾には個人所有のボートが泊めてあったり、
大家さん曰く、元州知事(シュワちゃんじゃない他の人。でも名前わすれた)の豪邸も近くにあるそう。
そんな良い環境のため、外を歩くとすれ違う人とは必ず挨拶、家先のポーチで団らんしている人の前を
横切るときももちろん挨拶、車の中から外のひとにもアイコンタクトや挨拶をするぐらいフレンドリー。
ビーチもベイもすぐ目の前で、今までにない、至福な環境です。

そんなロングビーチでの、独立記念日の様子。雲のない青空がLAのいいところ。
c0049583_05370284.jpg

ご近所みんなで協力してのイベントです。道を閉鎖して一日中楽しみます。
写真にはないけど、トランポリンやウォータースライダーを持ってきたり、卓球台とかバレーネットを道端に置いて
みんな外でわいわいしていました。もちろんBBQも。

ウクレレ片手に歌を披露する子供と、それを楽しむみんな。
c0049583_05370360.jpg


夜は湾での花火。
花火自体は日本のものに比べると劣るけど、こっちは雰囲気勝負です。
ボート所有者はボートの上から花火観賞するらしく、花火前後はボートの汽笛をならしてブーブーと賑やかでした。
c0049583_05370364.jpg

c0049583_05370357.jpg

c0049583_06132302.jpg



おまけ
ソラーラのお茶目なウィンク
c0049583_05370345.jpg

[PR]
# by afonon | 2016-07-18 04:52 | days
5/30 夢のサンフランシスコ
タイトルの通り、夢のサンフランシスコに行ってきました。ちょっと前、5月末の連休に。
なのでタイトルの日付もちょっと前になるけど。。

サンフランシスコといえば!の路面電車。
写真は残ってないけど、信号にも電車マークが出るところが良かった。
c0049583_03504124.jpg


そしてテレビでフルハウスを見た10代の時から行きたかった、憧れの、夢のゴールデンゲートブリッジ!
LAに住むならいつか行けるとは思ってたけど、夢が現実になるとやっぱり興奮ものです。
(写真サイズがバラバラでガタガタするのは気になるけど、どうか気にしないでください。。)
c0049583_04133353.jpg

c0049583_03504017.jpg


朝のブリッジを渡る。
c0049583_03504077.jpg


対岸からの、霧の上にうかぶゴールデンゲートブリッジを見ようと朝起きて行ってスタンバイしてたけど
ずーっとこんな感じ。。
神秘的な情景を見たかったけど、この日orこの時間じゃなかったみたい。
c0049583_03504037.jpg

昼間クリアだった時はこんな感じ。
c0049583_04133317.jpg


これは、いつもの、アメリカらしい町並み。
たくさんのライトがかわいらしく、やっぱりここでも靴がぶらさがる。
c0049583_03504173.jpg


Coit Towerからのサンフランシスコ市内の眺め
c0049583_04583588.jpg

c0049583_04583646.jpg


湾内に浮かぶのはアルカトラズ島、ザ・ロック、監獄島。
島と刑務所ツアーに行きたかったけど、直前決行したためツアー予約に間に合わず。
c0049583_04583610.jpg


坂道いっぱいの、うねうねした感じが伝わればいいけど。
c0049583_05112811.jpg


そして旅行といえばの食事編。
シーフードたっぷりのガンボとイワシ?のソテー@Hog Island Oyster Co
c0049583_04133329.jpg


生オイスター、生クラム、ロブスターチャウダーと、ホタテのフライ。@Ferry Building Marketplace
c0049583_04133480.jpg



今回はロサンゼルスから車でドライブの旅で、行きは海岸沿いを走るコースでした。
朝9時に出て、途中で車を止めては眺めを楽しんで、夜11時にサンフランシスコのホテル着。
Big Surというエリアで海、崖、山、が揃ったLAにはない緑いっぱいマイナスイオンいっぱいなところ。
ハイキングのトレイルあったり滝もあったりで、ここだけでも2泊3日コースらしい。
c0049583_04133459.jpg

c0049583_04133498.jpg

c0049583_04133444.jpg

[PR]
# by afonon | 2016-07-18 04:34 | trip
04/23 LAよりごあいさつ
一部の人には伝わっている、私ロサンゼルスに引っ越しました。
引っ越し自体は去年の6月末で、かれこれ10ヶ月も経ちました。リア充ばんざい。
東京の生活から離れ、あたたかい南カリフォルニアでぬるく過ごしています。

ということで、愛車のSolara(バニーバージョン)よりごあいさつ。
c0049583_8354248.jpg


ちょっと太っちょなところが愛らしい。
[PR]
# by afonon | 2016-04-24 08:23 | days
01/05 映画メモ
リア充(!?)している間に新年を迎え、2015年がはじまりました。
久々に、この年末年始の休みで観たDVDの記録を。

「Intouchables/最強のふたり」
フランス映画最大のヒット作でアメリも超えたという宣伝文句に
ジャケットから「最高の人生の見つけ方」みたいな感動作品かと思いつつ
とりあえず観ようと軽い気持ちで借りたけど、フランス映画云々関係なしに
素晴らしく心が温まる映画でございます。観てよかった。
他人への理解、思いやり、挑戦を続けること、人と心を通わせること
そんな当たり前な事を改めて教えてくれる良い映画です。


「TO THE WONDER/トゥ・ザ・ワンダー」
これはなんというかって感じなんやけど、最初から最後まで圧倒的に映像が綺麗。
会話もストーリーも濃くないので、ぼーっと映像美を楽しむのが最適です。
考えすぎて頭を休めたいって時とかにオススメ。


「ted/テッド」
今さらながら観た。
特筆することは無いけど、やっぱりユーモアが最高。


「her/世界でひとつの彼女」
人格を持つ最新の人工知能型OSと恋に落ちるっていう近未来的な話。
これはなんというか、終始主人公には感情移入ができずエンディングまで到達。
AIに対する人間側のリテラシーが足りないというか、そんな現実じみたことを考える
冷めた自分なので、どうしようもない。。
ただAIの世界はまだまだこれから!
[PR]
# by afonon | 2015-01-05 00:59 | movie
09/28 面白かったこと
今日ちょっとしたきっかけから面白い体験ができたのでご報告。
具体的には、今より10cm背が高かった場合の生活が体験できたというものです。

事の成り行きはこうで、夏前に買った10cmヒールのサンダルのサイズがちょっと小さくて
ぜんぜん活躍してなかったので、部屋の中で履き慣らしてみよう!と実践してみたら
思いもよらぬ発見をいっぱいしました。

なんせ10cmも身長が高くなったので、
◎視界がちょっと高くなって部屋の中の見え方がちがう
○キッチン上の戸棚への出し入れがラク
○冷蔵庫の上にあるレンジへの出し入れもラク
○クローゼットの上の棚も近い
△シンクが低い
△洗面台も低い、でも
◎洗面台の鏡に映る自分が鏡の2/3を占める(通常は鏡の下半分)

こんな感じで、いつもの自分の部屋に居ながら
地味に面白い体験をしました。

こんな事をして週末がすぎてゆく。。
[PR]
# by afonon | 2014-09-28 17:33 | days
8/17 自分スタイルをもった犬
お盆の京都、週末に実家に戻って無事に送り火を見れました。
早いものでもう8月も後半か。。

残暑お見舞い申し上げます。


家族パソコンに入っている昔の写真たちを見直していると
自分や家族の成長とともに、一緒に時間を過ごした犬の写真もいっぱい見つかった。

懐かしのレオ(といって伝わる人はごく限られてる気がするけど)
c0049583_21202485.jpg

この写真ではなんとなく風情があるポージングというか、おすましさんなレオ。
ソロでも家族と映ってても、どの写真にも"らしさ"を表現している
なんとも面白いワンコだったというのを写真を見返して改めて思う。

あぁ懐かしい&めちゃかわいい。
[PR]
# by afonon | 2014-08-17 21:43 | days
08/03 上海で見たこと感じたこと
前回の投稿からだいぶ経っていて、この存在を忘れていた訳ではないのですが、
なんとなく、さぼり癖がついたというか、、書くことがないというか、、考える事が多くなったというか、、

急に話が変わるけど、学生の夏休みがうらやましい。

さて2014年も8月に突入し夏本番。
今年は早い時期からスイカを解禁して、甘いスイカで水分補給するのがささやかな夜の楽しみです。
それと会社近くのスーパーでたまに売ってるフィリピンマンゴーも、
1個あたりは高いけど、とろける食感と甘さがもたらしてくれる幸福感はすさまじくて
見つけるとつい買ってしまいます。


そして本題。1ヶ月ちょっと前になるけど、6月末に週末を使って上海に行ってきました。
これまでに中国は、広州、北京に行ったことがあって今回初上海です。

外難から、これぞ上海!の浦東新区の高層ビル群のライトアップ。
c0049583_22432670.jpg


ハイヤットの最上階バーの屋上テラスから、浦東新区と外難。
c0049583_2311272.jpg

c0049583_2302457.jpg



生活編は、なんとなくごたごたしていて生活感があふれている感じの1ショット
c0049583_012025.jpg

その名も幸福小区。(高層ビルとのコントラストが上海らしい?)
c0049583_0122847.jpg




やっぱり環境衛生面では特に空気が悪く、3日いた中の2日は視界が白くかすんんでて、
残りの1日は空気はクリアであるものの太陽は見えないというのを体験しました。

こんな感じ(東方テレビタワーの丸い所から)
c0049583_2353025.jpg


上の写真であたま切れてるのが建設中の上海タワー♪
下から見上げるとこんな感じで、上にクレーンがのってます。

そして隣の栓抜きのような台形の穴のあいた建物は監修が森ビル。
当初この穴は円形にするつもりが日の丸に見えるのでと反対され台形になり、結果"栓抜きビル"になったそうです。
c0049583_2354173.jpg




上海を訪れて感じた事は、既知ではあるけど上海市民(もしくは上海を訪れている人)のモラルの低さ。
上海の象徴でもある浦東新区の高層ビル群のライトアップや外難の綺麗な町並みにそぐわない部分が
いっぱい見えてアンバランスだったというのが残念な部分でどうにかしてほしい。。

国民性と言い切られるとどうしようもないけど、地下鉄・道端・飛行機内どこにおいても必要以上に大きな声で話をすること、
あと衝撃を受けたのが、公衆のゴミ箱で子供に用を足させること、そしてそれを警官がスルーするという社会の仕組み。
どいういうことかというと、男の子がトイレに行きたいと言ったかどうかは分からないけれど、
お母さんが子供を持ち上げ、高さ1mぐらいのゴミ箱の口めがけて子供が用を足すというもの。
ゴミ箱だからとゆってもさすがにこれは衝撃大で私はレッドカード。(その時はW杯の決勝トーナメント中)
これは中国に限った話じゃないけど、自分で掃除する訳じゃないからって掃除する人のことが考えられないために
不必要にゴミを散らかしたり非常識なことを出来てしまうのはやっぱり民意の低さってことになってしまって
少なからずも万博を終えた街であってもまだまだまだまだまだまだ目指す先は遠く道のりは長いというか、途方に暮れる。。



番外編として、今や世界的にも有名となった上海の結婚事情を象徴する婚活集会所。
c0049583_0101331.jpg

"こんなお嫁さん探しています"、"こんな息子がいます"といったプロフィールを持った親同士が
まずはきっかけを探し、そして縁談を進めていくというところです。
なんとなく、親世代の人ばっかりがいて、お年頃な私と友達にはやや視線が痛かった。
[PR]
# by afonon | 2014-08-03 22:48 | trip
5/11 そして1日シンガポール
JALロイヤリティの都合でバリ島への直行便という選択肢がないため、
どうせ乗り換えが必要になるならジャカルタ乗り換えせずにシンガポールに行って
トランジットの時間差を利用してシンガポールに行こう!
という考えのもと、しかも1日ならガイドブックもわざわざ重いからと
手ぶらで行ってしまった結果、放浪の旅になりました。
まぁそれでも楽しかったけど。


シンガポールに行ったら見たかったReflections at Keppel bay(残念ながら裏側からの眺め、しかも上のほうしか見えてないし)
c0049583_1321221.jpg

この建物を見るにはどこに行けば良い?って駅直結のショッピングモールのインフォメーションに聞いたら
それならこの前の道を歩いて15分ぐらい!と気前よく教えてくれたから昼間の暑い中頑張って歩いたら
なんとその建物の入り口に着いてしまい、しかも見える眺めは斜め後ろから。
(しかもそれならショッピングモールから建物行きのシャトルバス走ってるし)
いやいやこの中に用事がある訳じゃなかったのに、、と思ってその建物の守衛さんにいきさつを話したら、
それなら次の道を左に入ればぐるっと回れば一周できるよと教えてくれたけど
その道はどうも徒歩で行くような感じではなく、、暑すぎてそんなこと出来ひんし、と
とりあえず直進してすぐ着いたのは地下鉄の次の駅というオチ。

ちゃんと調べてから行けば良かったんやけど、そもそもシンガポールの下準備そっちのけで
なんとなくこの辺にこの建物がある、、っていう情報だけで行ったのが間違い。。
しかもね、時間帯がそうやったんか、結構空気が霞んでたから余計に残念で。

ハーバーフロントから出てるケーブルカーに乗ったら絶対見れるって思ったけど、とにかく暑いし空気霞んでるし、
セントサ島への往復を考えたらその時間は他のところを見にいこう!と判断しClarke Quayへ。
リベンジは次回シンガポールに行く時まで持ち越しにします。

にしても今GoogleMapsを見たら良く良くわかる、そうか、こっちに行かなあかんかったんやん!って。。
その地図をプリントアウトしておけばタクシーで連れて行ってもらえたのに、って今から思っても遅いけど。
(本当はこの眺めが見たかった→wikiのimage


さて次はお決まりの、マーライオン!
c0049583_1372590.jpg

Reflectionsを見に行ったときにHarbourfrontからセントサ島の巨大マーライオンもチラ見し、
その時は全部で5頭もあるなんて思ってなかったからジョークでマーライオンの建物があるんかと思ったけど
政府公認のマーライオンだったそう。

そしてもうひとつお決まりのMarina Bay Sandsの昼と夜
c0049583_1352292.jpg

c0049583_13251100.jpg


Reflectionsともう一つ必ず行きたかったのがマリーナベイサンズを見下ろすルーフトップバー、1-Altitude
c0049583_13544470.jpg

マリーナベイサンズの向こうは海になるから船の明かりぐらいしかないんやけど
反対側の街中はオレンジがベースの綺麗な夜景でございました。
(今回はあんまり写真をとってないから良いショットも少ないのです、と言い訳)
c0049583_14175528.jpg

c0049583_13581153.jpg




今回は地下鉄と歩きがメインやったけど次行く時はバスとタクシーを使ってみよう。
きっとその方が時短&街中を眺められて楽しいはず。
[PR]
# by afonon | 2014-05-11 14:07 | trip
5/3 今度はバリ島へ2
次はバリ島から高速ボートで40分で行けるレンボンガン島へ。
ここは観光と海藻の養殖のある静かな島で、白い砂浜のビーチと青い透明の海が魅力。

バリ島とは比べられないぐらい、海が綺麗で透き通っていて、船が浮いて見えるんです。
c0049583_17491861.jpg


私が滞在したのは、レンボンガン島からこの橋を渡った先のチュニガン島の"Dafish"というバンガロー
c0049583_18203325.jpg



島の中の移動は基本バイクということで最初は私もバイクを借りて一応運転してみたものの
チュニガン島は特に道が細く舗装も荒く起伏も激しく、かつ島と島を繋ぐ橋を渡るのを考えると貸すのは不安、、
いつどこへでも連れて行ってあげると言うDafishオーナーの弟マデのオファーを受け
私は後ろで座るだけラクチンに、本当にいろいろ連れて行ってもらいました。
c0049583_18224818.jpg


では、バイクで駆け巡ったレンボンガン
c0049583_1747586.jpg

c0049583_17531098.jpg

c0049583_1915562.jpg

c0049583_18481316.jpg

c0049583_1850313.jpg

c0049583_18361621.jpg

c0049583_18415356.jpg




図々しくも日の出が見たいとマデに5:30に起きてもらい、肌寒く暗いうちに出発、
桟橋の先から穏やかな朝焼けと日の出を楽しむこともできました。
c0049583_18262734.jpg

ありがとうx100
c0049583_1959780.jpg

海藻を乾燥させているところ
c0049583_18214487.jpg



今回の旅を通してのお気に入りの一枚。
チュニガン島の丘の上から朝のレンボンガン島を一望。その向こうにバリ島。
右下に、島と島を繋ぐ橋も見えるのです。
c0049583_17502181.jpg




特筆すべきやり残したこととしては、
10mの高さから青い海へジャンプが出来るというCliff jumpのスポットがあったのだけれど
波が荒いからというので、ジャンプできなかったのは残念でした。
飛ぶ前の気持ちだけは味わってきたけど、落ちてはいけないという状況で板に立つのは逆にちょっと怖かった。。
c0049583_1910737.jpg



まぁ、他にもダイビングとかもっとサーフィンとか、やり残したことはいっぱいあるんやけど
日本から直行便なら7時間で行けるし、現地の物価も安いし、またすぐいつでも行けます。



今回も恒例のひとり旅だった訳ですが、行く前&行く先々でもいろんな人に出会いお世話になって、
ひとり行動している時間も食事中や腰を下ろしたところで居合わせた人と話をしたりして
今回の旅行中は常に人と交流しているという、これまでの海外ひとり旅では無かったパターンでした。

行く前は綺麗な海と静かに流れる時間がリラックスさせてくれると思ってたけど、
バリに住む&旅行で集まる人たちは老若男女問わずみんな陽気で優しくフレンドリーで
実際はその人達とのふれあいによって心が洗われ、それがリフレッシュにつながった今回のバリ旅行でした。


さて次回は一日シンガポール。
[PR]
# by afonon | 2014-05-03 19:44 | trip
5/3 今度はバリ島へ1
また海外旅行リフレッシュの旅を計画し、先週1週間休みをとって行ってきました。
タイトルのとおり、今回は青い空と青い海、年中ホリデーのバリ島です。

サンフランシスコ、ニューヨーク、もう一度バルセロナ、ハワイ、いや待てチュニジアに行ってみようか、、
と想像を膨らませ、ある程度ネットサーフィンで脳内トリップを楽しんだあと
今回の旅行は観光型ではなく滞在型ののんびりリラックスの旅にすることに決め、
知り合いの薦めにのっかり、バリ島とそこから高速ボートで30分のレンボンガン島に行く事にしました。

バリ島3泊、レンボンガンに2泊、で最後1日はトランッジットのシンガポールで街歩きをするというプランです。

今回の目的は、サーフィンを初体験してみることと(JCBのCMみたい)、
あとはビーチでのんびりしようと読書用の本もちゃんと持っていったのに
サーフィンは出来たけど、ビーチでのんびりは少しだけになりました。


まずはバリ島から

世界文化遺産にも登録されているライステラス
c0049583_14583783.jpg

ほのかにイメージしていた水田ではなく、緑々と生い茂った棚田です。
c0049583_14573155.jpg



滞在していたB&Bから朝日をみるためのビーチまでのひとコマ
c0049583_1565223.jpg


朝焼けと、タイミングよく映り込んだ鳥
c0049583_1642349.jpg


カメラの設定の都合でかなり暗く幻想的になったけど(実際は直射日光でまぶしい)
静かな海と、日の出とともに漁を始める地元の人の様子、と漂う船。
c0049583_15115610.jpg


グラフィティは世界共通
c0049583_1545455.jpg



そして世界の車窓から。
c0049583_15385460.jpg


これは大きめの道路のT字交差点での信号まち。
斜め横後ろからになるけど、大きめの信号に、こういう海の神様?みたいなものが建てられている
のをいくつか見た。。
c0049583_15331347.jpg


そしてバリ島と言えば!の永遠と広がるビーチと、
c0049583_15481542.jpg


ジンバランのイカンバカール(ビーチで食べる魚介BBQレストラン)
白いTシャツの彼が最初2日間のガイドをお願いした日本語ペラペラのイワン。
色々連れて行ってもらい、教えてもらい、話もたくさんしました。
今度は奥さんとロマンチックディナーをしてもらいたいものです。
c0049583_17143425.jpg


魚のグリルと、エビのフリッターと、イカのグリル
これらをご飯と野菜(いんげん?)と混ぜながら手で食べるとよりいっそう美味しいとイワンが言うので、
確かにそのほうがおいしいに決まっていると私もトライ。
c0049583_17123513.jpg

[PR]
# by afonon | 2014-05-03 17:19 | trip